緊急事態宣言の再発出についての所見。

緊急事態宣言の再発出についての所見。

ブログ

休業に関して、在籍から質問がありますが…

休みません。

休むつもりもありません。

休業要請があっても…

なんの補償もないのに…

休むわけないだろ。

もちろん、外出や出勤することに抵抗がある方に対して、出勤を求めることはありません。

自発的に、出勤する意志がある方が出勤する。

これはコロナ禍において一貫した方針です。

生きるためにお金が必要で、出勤したいと考えている人がいる以上…

休みません。

国の施策はとんちんかんで、本当に困っている人に対する支援が行き届かない…

定額給付金の再支給。

菅義偉総理は、自民党の総裁選の際、必要とあれば再度の支給も考えていると述べていましたが…

今が必要なときであると思うのですが、定額給付金の再支給の話は具体的になっていない。

国民全体に対する国からの明確な支援がない以上…

休まず、

営業する。

…というのが現時点での結論です。

 

国や自治体のとんちんかんな施策…

飲食店の時短営業に関してですが…

感染予防の効果はきわめて乏しいと考えます。

 

24時から営業、昼から営業…

早い時間から酒を飲んで楽しめるお店がたくさんあるのです。

 

伊数勢佐木町界隈にも数多くありますが…

お店の前を通った際、中を覗くと、お客様がひしめき合って、マスクもぜず大声を出している。

これじゃあ、夜の営業時間を短縮したところで、無理ですよ。

早くから酒を飲めるお店に人が集まるだけ、普段は夜でないと飲みに行けない人も、仕事が休みの日は昼から飲みに行くでしょう。

 

夜にしても、近隣に2つの店舗を構える中華料理店、1店舗は時短営業、もう1店舗は深夜も営業…

深夜も営業している店舗のほうにお客様が集まって混雑です。

近隣のお店が時短営業していて早く店じまいしているから、さらに混雑しています。

私もひいきにしているお店なので、すいている時間に、と思ってもすいている時間がないのだから、最近はぜんぜん利用できていません。

 

混雑している店内で、マスクをせず、酒を飲んで、大声で騒いでいる…

そんな環境にわが身を置いていながら、全然気にならない人が少なからずいる、という現実。

感染予防に対する意識が低い人が相当数いる現実がある限り、要請などの中途半端な対応では防げませんよ。

 

強制力のある休業要請?休業命令?及び休業に対する補償。

時間を問わず酒類提供の一切の禁止及び、酒類提供の中止による売り上げ減に対する補償。

休業と補償のセット、だけでなく、強制力と補償をもセットにしなければなりません。

 

国や自治体の対策は後手後手であるばかりか、ピントがずれている。

風俗業の場合…

休んだところで原則的には補償の対象から外されている。

定額給付金の再支給があれば、少しは状況が変わるかもしれないが…

現状では…

休むつもりは全くありません。

 

 

では☆