自粛から自衛への転換。

自粛から自衛への転換。

2020年6月15日
ブログ

6月19日より、新型コロナウイルスの感染予防対策として設けられていた制限が、全面的に解除になりました。

新型コロナウイルスはなくなったわけではない。

制限の解除はあくまでも人間様の都合にすぎず、新型コロナウイルスの都合ではないことを肝に銘じなければなりません。

 

これまでも、自粛と自衛、双方に意識を強くもたなければならなかったのですが…

自粛が解けていくうちに、自衛する能力が全然ないらしい人が結構いるらしいことが分かってきました。

 

神奈川県において緊急事態宣言が解除された後の伊勢佐木町…

お酒を飲んで緩んでいる人がたくさんいました。

伊勢佐木町の路上で酔っ払ってマスクもせずに大声で喚いている人たち。

男女問わず大勢いました。

10日ほど前でしょうか…

夜中の2時ごろの伊勢佐木町3丁目で、酒を飲んで路上で大声で喚いている一般女性の3人組がいました。

完全に酒の呑まれている。

アルコールによる理性の喪失は、新型コロナウイルスの感染予防を考えると大きなリスクを発生させます。

 

あぶないなあ。

…と思っていたら、やはり会食による感染、とくに東京都内での会食によって感染する人が相次いで発生しています。

 

神奈川県内、横浜市内の感染者数は落ち着いていますが…

横浜市在住の人の新規感染者の感染経路を確認すると、都内での会食、都内在住の感染者の濃厚接触者…

やはり東京都との関連性がうかがえます。

 

移動の制限や自粛も解除されていますが…

しつこく何度も繰り返し申し上げますが…

新型コロナウイルスはなくなったわけではない。

 

お上が制限を設けたり、自粛を要請しなくなる代わりに…

自衛の意識をこれまで以上に強く持たなければならない。

…ということは常識的に考えて当然であると考えますが。

 

自粛や制限が解けたら、自衛もへったくれもなくノーガードになってしまう…

とくにお酒を飲んだ場合において。

 

私は酒を飲まないので、酒を飲んでの失敗にさほど寛大ではありません。

 

この1週間の感染状況を見ていて…

会食…

とくにお酒を伴う会食はリスクが高い。

 

自衛という観点から控えるのが妥当だと思いますね。

 

 

まだまだ新型コロナウイルスとの戦いは続きます。

経済を動かさなければいけないので、自粛や制限の解除は必要ではありますが…

自衛という意識が欠落した人たちによって感染が拡大していけば…

さらなる制限の強化が必要になってしまうかもしれません。

あれだけ窮屈な自粛を強いられていたのに…

自衛の意識が欠落した一部の人々のおかげで…

もっと窮屈な事態になるのは避けて欲しいものです。

 

 

では☆