あまり感心しないと思っていること。

あまり感心しないと思っていること。

2020年6月25日

あまりではなく、かなり感心していないことですが。

 

過去に在籍していたお店の良い店を挙げて、現在在籍中のお店を批判する。

 

在籍しているお店に対しての不満や不平があるのはもっともですが、過去に在籍していたお店を引き合いに出すのはどうかと思います。

いま在籍しているお店に不満がある、前に在籍しているお店のほうがこれこれどういう点で良かった、というのであれば…

なんでそのお店を辞めたのですか?

そんなに良いお店なら辞める必要はなかったんじゃないですか?

現在在籍しているお店にそんなに不満があるのなら、前に在籍していた、とても良いお店に復帰すればいいんじゃないですか?

…と思います。

 

現在のお店を批判するために引き合いに出している、過去に在籍していたお店ついても、在籍当時はあれやこれやと批判していたんじゃないでしょうか。

過去に在籍していたお店の良い店を挙げて、現在在籍中のお店を批判する。

言っている内容がいかに的を得ていたとしても、人としての評価は決して上がることはありませんし…

 

なんでそのお店を辞めたのですか?

そんなに良いお店なら辞める必要はなかったんじゃないですか?

現在在籍しているお店にそんなに不満があるのなら、前に在籍していた、とても良いお店に復帰すればいいんじゃないですか?

…と突っ込まれたら、いきなり論理が破綻してしまいます。

 

つまり、ブーメランになってしまいます。

 

だから、今いる店に不満を述べるのに、前にいた店を出汁にするのは、全く得策じゃありません。

 

 

では☆