新型コロナウイルスは弱毒化はしていないと思いますよ。

新型コロナウイルスは弱毒化はしていないと思いますよ。

2020年7月25日
ブログ

第一波と比べて、重症化率・致死率が低い現況ではありますので、大したことはない、第二波のコロナウイルスは毒性が低いとおっしゃる人は少なくありませんが…

そのようなことはないと思います。

第二波は重症化率・致死率が高くない20代・30代の方を起点にしているので重症化率・致死率が低いように見えますが、高齢者に感染が拡大していけば、重症化率・致死率は上がってくると思います。

しかし、何事もなければ、重症化率・致死率は第一波ほどにはならないと思います。

第一波の際には…

37.5度以上が4日以上。

…というPCR検査の基準がありました。

後になってこれは基準ではなくて、あくまでも目安であると弁明していましたが。

基準だと思っていましたけどね。

国民だけではなく、医療機関も、自治体も、保健所も。

37.5度以上が4日以上。

…という基準に従って自宅待機したおかげで、重症化した人は少なくなかったと思いますが。

お亡くなりになった、志村けんさんにしても、岡江久美子さんも発熱後、37.5度以上が4日以上。に従って自宅で待機しているときに症状が急速に悪化して肺炎を起こし、結局、お亡くなりになっている。

第二波のように発熱してから時間を経過していないうちにPCR検査をしていたら、と思うと残念です。当時はPCR検査についても検査可能数が少なかったのではありますが。

 

先ほど…

何事もなければ、重症化率・致死率は第一波ほどにはならないと思います。

…と記しましたが。

 

東京都の場合、7月31日現在…

入院・療養等 調整中 858名

入院かホテル療養か自宅療養か調整中の方が858名いる…

感染がさらに拡大した場合、コーディネートする立場である保健所の処理能力を超えてしまう恐れがあるでしょう。第一波のときでさえ、増員しても業務が追いつかなかったわけです。

医療機関、軽症者用の宿泊施設を増やしていっても、調整すべき立場の保健所がパンクしたら、入院・療養等調整中の方が激増、中等症や重症の方を優先的に入院手続きを取っていただければいいのですが、処理能力をオーバーした場合、中等症や重症の方でさえ自宅に放置される、ということになるのでしょうか。

そうなると、重症者数・死亡数は一気に上昇してくるのではないでしょうか。

 

また、7月30日・22名→7月31日・16名と重症者数は減少しましたが、6名の減少は回復して重症から脱した人もいるでしょうが、死亡によって重症者が減少することもあります。

東京都の場合、死者数に関してはリアルタイムで反映させていません。

7月31日は2名の死亡を公表しています。

新型コロナウイルスに関連した患者の死亡(第628報)|東京都

都内で新型コロナウイルスに感染した方が死亡されましたのでお知らせします。
www.metro.tokyo.lg.jp

しかし、亡くなられた2名の死亡日はそれぞれ6月18日、7月14日で、6週間前に亡くなられた方と、2週間半前に亡くなられた方について発表しているのです。

 

さらに…

新型コロナウイルスに関連した患者の死亡(第622報)|東京都

都内で新型コロナウイルスに感染した方が死亡されましたのでお知らせします。
www.metro.tokyo.lg.jp

7月19日死亡→7月30日発表

 

新型コロナウイルスに関連した患者の死亡(第612報)|東京都

都内で新型コロナウイルスに感染した方が死亡されましたのでお知らせします。
www.metro.tokyo.lg.jp

7月15日死亡→7月29日発表

 

新型コロナウイルスに関連した患者の死亡(第596報)|東京都

都内で新型コロナウイルスに感染した方が死亡されましたのでお知らせします。
www.metro.tokyo.lg.jp

7月1日死亡→7月25日発表

 

新型コロナウイルスに関連した患者の死亡(第583報)|東京都

都内で新型コロナウイルスに感染した方が死亡されましたのでお知らせします。
www.metro.tokyo.lg.jp

6月28日死亡→7月20日発表

 

新型コロナウイルスに関連した患者の死亡(第572報)|東京都

都内で新型コロナウイルスに感染した方が死亡されましたのでお知らせします。
www.metro.tokyo.lg.jp

7月11日死亡→7月15日発表

 

6月の発表を見ると発表された日と実際の死亡日の差は7月ほどないのです。

現状において、東京都は正確な数字をリアルタイムで公表していない…

業務の処理量によるのか、意図的に隠しているのか。

 

ですが、東京都の場合、重症者数と死者数については、実は闇の中、なのかもしれません。

 

 

では☆